silent(サイレント)のスピッツ「魔法のコトバ」歌詞の意味は?バットエンドの伏線!

ドラマ

silent(サイレント)は、ドラマの中でスピッツの曲が使われています。

1話で流れたスピッツ「魔法のコトバ」歌詞の意味から最終回を予想しました!

ドラマと「魔法のコトバ」の歌詞がリンクしている理由をご紹介します。

↓ 「魔法のコトバ」を聴くなら ↓

スピッツの色々な曲が聴ける♪

silent(サイレント)で流れたスピッツの曲は何?

silent(サイレント)1話で流れたスピッツの曲は「楓」「魔法のコトバ」の2曲です。

≫≫「楓」の歌詞の意味は?

スピッツ「魔法のコトバ」の歌詞の意味は?

想(目黒蓮)が好きな曲としてスピッツの「魔法のコトバ」が流れました。
紬(川口春奈)も「魔法のコトバ」を好きと言っていましたね。

想が紬に告白したときの思い出の曲。

では、「魔法のコトバ」の歌詞の意味を詳しく見ていきましょう!

①約束しなくても会える

「魔法のコトバ」の歌詞には「魔法の言葉 二人だけにはわかる また会えるよ 約束しなくても」という歌詞があります。

紬が想を東京で見かけたのが8年ぶり。
その後、カフェの真子と紬の会話が「魔法のコトバ」の歌詞とリンクします。

「会えんじゃん?」
「約束しなくても?」
「今日だって約束してたわけじゃないんでしょ?」

偶然の再開は約束したものではなかった。
だから、また想と紬は会えるということを示唆しています。

そして、歌詞の通り二人は約束せずに再開しました。

②想の生きる意味

「魔法のコトバ」の歌詞「君と語り合った下らないアレコレ 抱きしめてどうにか生きてるけど」は、想と紬の高校時代のこと。

高校の回想シーンで「下らないアレコレ」を思わせる会話が多くありました。
雪の中でサッカーをするなど、どうでもいい会話が二人の思い出になっているのがわかります。

想は紬と高校時代に語り合ったことを胸に秘めて生きている。

③二人の別れ

「その後のストーリー分け合える日まで」という歌詞があります。

想と紬が別れた後に、湊斗と紬の日々が始まりました。
また、もし想と紬が復縁することになれば、湊斗と紬の日々は分かれたものになってしまう。

どちらに転んでも、想か湊斗にとってはバッドエンド。

↓ 「魔法のコトバ」を聴くなら ↓

↑ official髭男dism ↑
「subtitle」
AmazonMusicで配信中

silent(サイレント)スピッツの「魔法のコトバ」まとめ

silent(サイレント)は作中に使われるスピッツの曲とストーリーがリンクします。

想(目黒蓮)がスピッツが好きという設定なので、最終回までスピッツの曲が流れるはず。

ストーリーの悲しさにスピッツの曲があって、最終回まで涙腺崩壊しそうですね。

>> silent(サイレント)ロケ地の駅は東京と群馬!撮影場所まとめ!

>>silent(サイレント)バックナンバー「ラブストーリー」の意味は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ
さくらをフォローする
さくらのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました